GAKUTEN-NANTE-KOWAKUNAI- 12ONGAKUSYUHO-KISOHEN TAKAKUWA MASAO

ISBN:

Published: May 13th 2013

Kindle Edition

85 pages


Description

GAKUTEN-NANTE-KOWAKUNAI- 12ONGAKUSYUHO-KISOHEN  by  TAKAKUWA MASAO

GAKUTEN-NANTE-KOWAKUNAI- 12ONGAKUSYUHO-KISOHEN by TAKAKUWA MASAO
May 13th 2013 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, talking book, mp3, ZIP | 85 pages | ISBN: | 8.74 Mb

「12音チャート」?いったい何の事でしょう?まず、この本は、楽典の入門書で、音楽理論の基礎を学ぶのが目的です。しかし、メジャースケールと呼ばれる「ドレミファソラシ」の7音音階の音譜記法である五線譜を使った所謂、普通の楽典の解説本ではありません。世界には、様々な民族、文化、習慣があり、音楽もまた、その地に根差し独自に育まれ、個性豊かな音階(スケール)を、築き上げています。日本の音階は、ヨナ抜きと呼ばれ「ドレミソラ」の5音音階。沖縄では「ドミファソシ」の5音音階。ジャズは、「ドミファソソシ」More 「12音チャート」? いったい何の事でしょう?  まず、この本は、楽典の入門書で、音楽理論の基礎を学ぶのが目的です。 しかし、メジャースケールと呼ばれる「ドレミファソラシ」の7音音階の音譜記法である五線譜を使った所謂、普通の楽典の解説本ではありません。 世界には、様々な民族、文化、習慣があり、音楽もまた、その地に根差し独自に育まれ、個性豊かな音階(スケール)を、築き上げています。日本の音階は、ヨナ抜きと呼ばれ「ドレミソラ」の5音音階。沖縄では「ドミファソシ」の5音音階。ジャズは、「ドミ♭ファソ♭ソシ♭」の6音音階をベースにしています。 メジャースケールと呼ばれる7音音階で、固有の文化に根差した世界中の音楽を語るのは、未だに天動説を唱え、宇宙の営みを考えているのに等しい愚行ではないでしょうか?  本書では、12音(あるときは純正律、あるときは平均律)を用い、7音音階を俯瞰することで、楽典そのものを再構築しています。 そのために、「12音チャート」、「音階行列」といった独自の道具が用いられ、「五線譜」や「五度圏」といった7音音階に根差す道具は使われません。本書の目的は、スケールや和音の本$



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "GAKUTEN-NANTE-KOWAKUNAI- 12ONGAKUSYUHO-KISOHEN":


cammiebento.com

©2008-2015 | DMCA | Contact us